スポンサーサイト

  • 2018.01.05 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    布団をドンッと叩いただけなのに・・・?

    • 2016.09.12 Monday
    • 09:18

    ようやく風に秋の気配が感じられるようになりましたが、まだまだ暑い日が続いていますね(^-^;)。

    皆様、くれぐれもご自愛下さいね(^-^)。

     

    子供の夏休み最後の週末。

    私の実家に小学生の姪や甥が集まり、お泊まり会をすることになりました。

    我が家の子供も喜んで参加し、ドキドキワクワクの一泊二日。

     

    子供がいない夫婦だけのアパートの夜は、ものすごく久しぶりでした。

    夫は、日中子供達の相手をしてくれた疲れが出たのか、バタンキューと爆睡(^_^;。

    私は、日中の賑やかさにあてられたのか、夫と二人という状態に緊張もあったのか・・・中々眠れませんでした(*_*;。

    過去に辛いことがよく起こったのは、子供が生まれる前や子供が眠っている時が多かったからです。

    いつもの薬だけでなく、不安が強まった時用に処方された薬も飲んで眠りました。

     

    翌朝、起き上がろうとしたのですが、身体がとてつもなく重く・・・起きられません(>_<)。

    ああ、うつらうつらしたのが真夜中過ぎだったしなあ・・・と、自分の寝付きの悪さを反省しつつ、眠る夫に声を掛けました。

    「・・・おはよう、ごめんなさい、起きるの、ちょっと辛くて・・・朝ご飯お願いして、いい?」

     

     

    次の瞬間。

     

    「ドンッ!!」

     

    彼が、敷き布団を拳で叩きました。

     

     

    心臓が、止まるかと思いました(゜◇゜)。

    布団ごしに揺れて響いた衝撃が。

    耳に刺さるように届いた音が。

    頬を張り倒されたように、感じました(゜◇゜)。

     

    ああ・・・怒られた。

    怒らせてしまった。

     

    私が睡眠不足で具合が悪いくらいで、起きようとしなかったから。

    朝ご飯をずうずうしく、頼んでしまったから。

     

    怖い。

    怖い。

     

    起きないと。

    朝ご飯を作らないと。

     

    大変なことが起きてしまう。

     

    また怖いことが起きて、私が壊れる。

     

    私が私でなくなる。

     

    おかしくなる。

    何もできなくなる。

    死を引き寄せてしまう。

    怖い。

    怖い。

    起きて、ちゃんと、しない、と。

    ちゃんと、やらない、と・・・!

     

    私は、起きて朝ご飯を作り。

    それから夫に、もう一度震えながら、声を掛けました。

     

     

    眠りから覚醒し意識のはっきりした彼は、言いました。

    「眠くて寝ぼけて起きようとして力が入り、弾みで無意識でつい、手が動いただけで。

    覚えてないし、怒ってもいないし、DVをしようなんて全く考えてなかったし。

    全然そんなつもりじゃなかったんだってば・・・!!

    怖い思いさせたのは悪かったけど・・・覚えていないし」

     

    ああ、彼の言う通り。

    彼の言動に動揺し、過剰反応をしてしまう私が悪いのでしょう(T^T)。

     

    でも。

    望んでしまうのです。

    夢見てしまうのです。

     

    「そういう反応をしてしまうのは、俺が過去にしてきたことのせいだもんな。本当にごめん」(>_<)ヽ、とか。

    「自分を責めなくいいよ。配慮が足らなくてごめんね」(^o^;、とか。

    「パッと起きられなくて、寝ぼけて怯えさせて、ごめんなさい。本当に怒ってないから、安心して」ヽ(^.^;、とか。

    「朝ご飯、ありがとう。後はやるから、休んでな。怖い思いさせて、悪かった」(^^ゞ、みたいな。

     

    こんな風に、こちらの傷みや思いに共感してくれる、せめて理解しようとしてくれる、寄り添おうとしてくれる。

    そういう態度や気持ち、言動を欲してしまうのです(。>ω<。)。

    好きな相手、好きだった相手だからこそ、期待せずにはいられないのです。

    自分が選んだ人だから、自分を選んでくれた人だから、ひどい人だと思いたくないし、辛い思いをさせられたくないのです。

    ひどい人だと知ってしまったら、その人を好きになった自分をも、嫌いになってしまうから・・・(T^T)。

     

    一週間あまり、私の落ち込みはひどくなりました。

    子供のご飯やお風呂など寝るまでのことは何とか肉体を動かし、子供が寝た後泣いたり、倒れるように寝入ったりしていました。

     

    夫の一挙一動に振り回される自分が嫌でした(;_;)。

    いつまでも過去に支配される自分が情けなく、悔しいと思いました(/_;)。

    夫に対しても、わざとじゃなくてもやめて欲しいし、気をつけて欲しいと、苛立ちを感じました(>.<)。

    でも段々、

    (あれくらいでこんなに辛くなるくらい、まだしんどいんだなあ、私)

    (それだけ色々傷ついて、それでも頑張って生きているんだ・・・私)

    自分のことを思いやれる気持ちが、ジワリジワリと出てくるようになりました。

     

    夫にも、

    「過剰反応してしまうことは申し訳ないし、寝ぼけて叩いたことは仕方ないと思うけど。

    大きな音をたてられるのは辛くなるから、気をつけてもらえますか?ご協力お願いします」

    と、伝えることができました。

     

    こういう思いをしたり、感じたり・・・私だけではないと思います。

    誰もが傷ついて、それでも懸命に生きておられる・・・。

    同じ空の下、震えながら、涙を流しながら、それでも・・・生きようとされている。

    だから、私は、こうして息をしていられるのだと思います( ノω-、)。

    一人じゃない・・・。

    私は、私を諦めなくてもいい。

    もう駄目だ、無理、という時。

    空を見て、思い出します。

    いつもいつも・・・皆様・・・ありがとうございますヽ(;▽;)ノ。

     

    読んで下さり、どうもありがとうございましたm(_ _)m。

    まだまだ気候が不安定な日々が続きそうですので、くれぐれもお身体お気をつけて下さいね(๑'ᴗ'๑)。

    どうもありがとうございました(^o^)/~~~。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
        123
    45678910
    11121314151617
    18192021222324
    252627282930 
    << November 2018 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM