スポンサーサイト

  • 2016.12.28 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    DVと親

    • 2009.06.23 Tuesday
    • 09:47

    今日は、親について書きたいと思います
    彼は、自分がDV加害者になったのは、両親からの影響と、最初に勤めた会社のパワーハラスメントのせいであり、自分も被害者であり、DVは仕方のないことだった・・・と、主張した時期がありました
    彼が抱いていたお父さんのイメージは「恐い威厳のある人」で、お母さんは「余計なことを話して不快にさせてはいけない、心配をかけてはいけない」という存在だったそうです

    「迷惑をかけない存在でいなければ、家を追い出されるんじゃないかという不安がいつもあった」
    「学校で辛いことがあっても話せなかった。それくらい何だ!って、叱られるんじゃないかと思ったから」
    「両親が喧嘩しても、テレビとか見て聞こえないフリをしている子供だった。嫌なことからは逃げるしかなかった」
    「反抗期は、両親と向き合うのが嫌で、友達の家を泊まり歩いて避けていた」
    彼は、学校で遭ったいじめのことを誰にも相談できず、その時学習したそうです。
    「自分を出すと、叩かれる、いじめに遭う。だったら、自分を演出して、いい自分だけを見せていればいいって、思ったんだ」
    そして、今度はいじめられるのが嫌で、いじめる側へ回ってしまったそうです。その時、
    「すごく自分が嫌いだった。惨めで卑怯で情けなくて・・・自分が大嫌いになった」
    そうです。

    彼が最初に勤めた会社は、社長がワンマンで、とにかく厳しくいつも怒鳴られていたそうです
    どんどん社員が社長と衝突し、仕事を放り出して辞めていく中、新人の身で責任ある仕事をこなしていかなくてはならず、毎日が必死だったそうです。
    顧客から見れば、中途半端に仕事を放り出して辞めた社員の後任ですから、前任者の分も要求が厳しくなりますし、色々と文句も出ます。
    「会社では社長に怒られ、お客さんにも怒鳴られて。物を投げつけてくる人もいた。それくらい無責任なことを強要している会社だったから、お客さんが怒るのも無理なかったんだろうけど。何で俺ばっかりって。仕方ないじゃん、どうすればいいんだよって、どんどん腐っていったよ」
    「会社で頼りになるはずの上司はどんどん辞めて、相談する人もいないし。友達には言っても仕方ないと思っていたし。そんなこと話して、情けないとか思われて嫌われるのも嫌だったし。自分で何とかしていくしかないって、諦めてた。毎日がその繰り返しだったからさ、働くってこういうことなんだな・・・って、それが当たり前だと思うようになったんだ」
    彼にとって、ストレス発散は、アウトドアの趣味でした。
    アウトドアに熱中している時は、すべてを忘れて楽しめたそうです

    私が初めて、会社の内情を話した相手だったそうです。
    正確には、「話せた」相手でしょうか。
    彼の今までには、とても心が痛みます
    初めて聞いた時は、DVする彼が悪いのではなく、彼をそうさせてしまった環境や社会が悪いのだと思ってしまったくらい、ショックを受けました。
    それでも、DVを繰り返す彼と過ごすうちに、それだけではないと気付きました
    彼は、自分の心の傷を武器にしていました。
    「俺も被害者なんだから、お前は俺のすべてを受け入れて癒して尽くして支えて、俺のためだけに生きなくてはいけないんだ、それがお前の存在意義で、価値なんだ
    そして、強くそう信じていました。

    私は、彼の気持ちに寄り添うことはできても、彼の代わりにはなれません。
    彼が自分で心の傷に向き合わなくては、「俺は被害者、かわいそうな」という自分から抜け出ることができないでしょう。
    そして、彼がそういう自分に酔いしれて甘えている限り、DVはなくならない確信しています。

    私は、そういう彼といることで、大きなことに気付きました。
    「そうか・・・私も、DV被害者であるということにこだわり、負の感情にいつまでも溺れていると、彼のようになってしまうのだ・・・」
    私は、彼のおかげで、DVの経験から学んだことを前向きに生かしていこうと考えられるようになりました

    親の影響が大きいことは、確かです
    私は、自営業の両親に育てられ、大家族にもまれて育ちました。
    兄弟も多く、長女でしたから、母親代わりになることもありました。
    父の着替えを手伝ったり、風呂の支度まで用意する母を見て育ちました。
    成人した男兄弟の食事の世話をすることは、姉として当然という中で育ちました。
    家事・炊事の手伝いは、女の子
    力仕事は、男の子
    母にはいつも、
    「男の人はいくつになっても子供だから、こっちがフォローしてあげなくちゃね。まあ、手伝いとか気遣いとかは、男に求めないのが一番よ。自分で何でもやって、頼りにしない。最初からアテにしなけりゃ腹も立たないし」
    と、言われました。父にはいつも、
    「女は愛嬌と、賢さだ。気配り、気遣い、察して動くのが大事だ。旦那よりも子供を優先するなんてことは、言語道断!夫婦が仲良くあるためには、妻が旦那をうまくおだてて、機嫌よく掌に転がしてやるのが一番だ」
    と、言われました。
    私が、DV被害に遭っていると話した時。両親の反応は、鈍かったです。
    母には、やり返せと言われました
    父には、気にするほうが悪いと言われました
    今でもDVについては、理解があまりありません。DVについて話しても、右から左へ流されているのを感じます。
    子供がどういう目に遭っているのか直視したくないのか、認めたくないのか、他の兄弟のこともあるから、私一人に構っていられないのか。
    色々考え、悩みました。
    で、思い至ったのは、DVが嫌いなのでしょう、両親は。
    父親は、DVはされる方も問題があると考えていますし、殴られていない私が何故DV被害者なのかも理解できないのです。
    母親は、DVは結局男女愛情のもつれと考えていて、他人の入る領域ではないと受け止めています。また、やり返さない私に苛立ちを感じています。
    「武道も段もちのアンタが、何でやり返さないの?」
    と、言われたことがあります。
    私が武道をたしなんでいたことは、彼も知っています。
    私がいじめようとした男子に回し蹴りをくらわし、やっつけた話も親戚から、彼は聞いていました。
    また、男所帯で育った私が男性の怒鳴り声や喧嘩に慣れていたこと。
    殴られればやり返す、もしくは、すぐに別居を決意する人だということも、見抜いていたそうです。
    だから、彼は、身体的暴力を使いませんでした。
    DVとは、選ぶ暴力でもあるのです

    残念ながら、彼が怒鳴り散らすDVを使うようになった時は、私は精神的病により、結婚前の私ではなくなっていました。
    大声に腰を抜かし、大きな音に涙を流し、這い蹲って逃げ回る状態になっていました。
    私がそうなるのを見越してから、彼は、怒鳴るようになったのです
    身体的暴力をされるDV被害者の方が、やり返せない、逃げられないのは、その方が悪いのではありません。
    そこまで、既に追い詰められて、囚われているのです。
    その過程を知らない人が、非難するのは・・・あまりにも残酷です。
    長い年月をかけて、ジワジワと魂を殺されて抵抗できなくされているのに。
    犯罪は、やる方が悪いのに、誰かが言い出すのです。
    やられる方も悪い、と。

    両親は、DVについては理解不足でありますが、それでも私の子供のことを可愛がり、心穏やかに過ごせるようにいつでも助けてくれます
    今では、私自身のことは求めず、孫である子供を助ける気持ちがあるだけで有難いと思うようになりました
    親は親の考えがあるのでしょう。
    私は、私の考えで、DVについてきちんと学び、理解を広めていきたいと思うのです















     

    スポンサーサイト

    • 2016.12.28 Wednesday
    • 09:47
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      明珠さま、コメントをありがとうございます。
      そうなのです。辛いことがあろうと、自分が嫌な思いをしたことは人にやらないのが、人として当たり前のことなのに、DVをする人はそこが間違ってしまっているのです。
      明珠さんのおっしゃる通り、精神的な攻撃は、本当に辛いし痛いですよね。しかも、外からは見えないから、理解もしてもらえない。
      経験したことがない人が、本当は軽々しく口にしてはいけないことだと思います。それでも、そういう二次被害は後を絶ちません。DVが社会に根付いてしまっていることの恐怖を感じます。
      明珠さんに辛いことを思い出させてしまいごめんなさい。心が癒されることを心からお祈りしています。
      • 2009/06/23 9:04 PM
      手段を選んで相手に対して一番効果的な方法を選べる冷静さは狡いですよね。それに、自分がされてイヤなことはしないという事は当たり前の基本です。旦那さんのしていることは、悪いことだと思います。やられる方にも問題があると言えるのは、気持ちを完膚無きまでに踏みにじられたり精神に生きた心地がしないという経験をしたことがない人だけですよね。精神的な攻撃も、本当に辛くて痛いのに…。
      • 明珠
      • 2009/06/23 5:07 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      パパと怒り鬼―話してごらん、だれかに
      パパと怒り鬼―話してごらん、だれかに (JUGEMレビュー »)
      グロー ダーレ
      苦しみを抱え込み、助けを呼ぶこともできない方に・・・そんな経験をされた方に。そして、暴力を選択せずにはいられない方に・・・そうしてしまったことがある方に。読んでいただきたい本です。

      recommend

      対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD
      対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD (JUGEMレビュー »)
      水島 広子
      今自分の身に何が起きているのか、教えてくれる良書だと思います。

      recommend

      いのちってスゴイ!赤ちゃんの誕生―おなかの中のドラマと生きる力 (知の森絵本)
      いのちってスゴイ!赤ちゃんの誕生―おなかの中のドラマと生きる力 (知の森絵本) (JUGEMレビュー »)
      大葉 ナナコ
      子供さんと読むのも素敵ですし、ご自分のために読むこともオススメです。

      recommend

      麒麟館グラフィティー (1) (小学館文庫)
      麒麟館グラフィティー (1) (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
      吉村 明美
      切ないという言葉では、片付けられない、沢山のことが詰まった作品でした。

      recommend

      あなたは変われる―言葉や態度に傷つけられた心を救う本
      あなたは変われる―言葉や態度に傷つけられた心を救う本 (JUGEMレビュー »)
      グレゴリー・L. ジャンツ
      夫婦関係だけでなく、親子関係のDVで傷付いた方にも、共感できる部分がとても多い本だと思います。淡々とした文章ながら、力強いです。

      recommend

      recommend

      recommend

      アドラー博士の男の子に「自信」をつける育て方
      アドラー博士の男の子に「自信」をつける育て方 (JUGEMレビュー »)
      星 一郎
      男の子のお母さんだけでなく、女の子のお母さんが読んでも、参考になる内容です。

      recommend

      暴力被害者と出会うあなたへ―DVと看護
      暴力被害者と出会うあなたへ―DVと看護 (JUGEMレビュー »)
      友田 尋子
      医療関係者向けに書かれた本ですが、DV被害者の心理についてとても分かりやすく書かれています。

      recommend

      おかあさんがもっと自分を好きになる本―子育てがラクになる自己尊重トレーニング
      おかあさんがもっと自分を好きになる本―子育てがラクになる自己尊重トレーニング (JUGEMレビュー »)
      北村 年子
      子育てに生かしたいという思いと同時に、自分を肯定できる力を取り戻したくて手に取りました。アタリ!な本でした♪

      recommend

      傷ついたあなたへ―わたしがわたしを大切にするということ DVトラウマからの回復ワークブック
      傷ついたあなたへ―わたしがわたしを大切にするということ DVトラウマからの回復ワークブック (JUGEMレビュー »)
      レジリエンス
      DV被害に遭った方へのバイブルかも知れないと思っています。
      書き込み式ですので、書きながら気付くこともあると思います。

      recommend

      あたらしい自分を生きるために―アサーティブなコミュニケーションがあなたを変える
      あたらしい自分を生きるために―アサーティブなコミュニケーションがあなたを変える (JUGEMレビュー »)
      森田 汐生
      辛い時、勧めて下さった方がみえて読みました。少し気が楽になりました。DV加害者相手に効果は期待できないですが、自分のためにはなると思います。

      recommend

      DV・虐待加害者の実体を知る―あなた自身の人生を取り戻すためのガイド
      DV・虐待加害者の実体を知る―あなた自身の人生を取り戻すためのガイド (JUGEMレビュー »)
      ランディ バンクロフト
      DV加害者である彼が、恐れている本です。DV加害者に混乱するDV被害者のために書かれた本です。

      recommend

      DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す
      DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す (JUGEMレビュー »)
      ランディ バンクロフト
      彼と別居して癇癪がひどくなった子供を理解したくて購入しました。
      とても役に立ちました。

      recommend

      Q&A DVってなに?―この1冊でドメスティック・バイオレンスまるわかり
      Q&A DVってなに?―この1冊でドメスティック・バイオレンスまるわかり (JUGEMレビュー »)
      番 敦子,根本 真美子,中山 洋子
      とても分かりやすい一冊です。
      初めて読む方に最適です。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM