スポンサーサイト

  • 2016.12.28 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    パートナーの変化について

    • 2014.12.25 Thursday
    • 10:25
    評価:
    工藤 直子
    理論社
    ¥ 1,296
    (1984-06)
    コメント:本屋さんが子供に紹介して下さった本ですが、大人が読んでも穏やかな気持ちになれる本だと思います。静かで優しい時間が過ごせました。くじらといるかが個性も様々なことも違うのに、お互いを尊敬し尊重している様子にジンとしました。

    評価:
    水島広子
    サンクチュアリ出版
    ¥ 1,404
    (2014-04-10)
    コメント:「女の敵は女」と言われますが、この本はその「女」について詳しく書かれた本です。と言っても、「女」の悪口や批判ではなく、「女性」という存在が、傷つけられやすい、比べられやすい、選択対象にされやすい故に「女」にならざるを得ないことが書いてあります。他の人だけでなく、自分の中の「女」に気付くことで、自分自身の人生が広く明るく楽しくなる可能性があると教えてくれます。

    今年もいよいよ12月
    残り少なくなりました。
    無事に生きて新年を迎えられそうなことが、何より嬉しいです
    いつもいつも読んで下さり、ありがとうございました
    来年は、羊年ですね。
    皆様にとって、心身の癒しになる幸せがたくさんある一年になりますよう、心よりお祈りいたします

    さて。
    子供の小学校の行事ごとや親戚づきあいが続いたりすると、疲労が重くのしかかり、起き上がれない日があります。
    人が多いところは、緊張します。
    大丈夫と分かっていても、緊張します。
    男の人の比重が高かったり、大声が聞こえたりすると、ますます緊張します。
    大丈夫、大丈夫、と思っても緊張します。
    予定が詰まると、焦ります。
    順番にサクサク予定通りこなせるように、色々考えて動きます。
    動きますが、時間に追われているような感覚で、段々イライラしてくることもあります。
    身体が重くなることもあります。

    それでもやらなくちゃ!と、頑張ります
    何とか一日無事に済み、ホッとして、ゆっくりお茶を飲み・・・。
    心安らぐ本をパラパラと見て、のんびりとストレッチして、アロマオイルを焚いて早めに休みます。
    健康な方は、翌日休みならばラッキーと寝坊して、午後からゆっくり起き上がり。
    週末をまったりと過ごして、月曜日には何とかいつもの調子を取り戻すことが出来るのだと想像します。
    私の場合は、三日くらいかかります。
    でも、三日で済むようになったのだから、自分では大したものだと思うのです。
    以前は、一ヶ月かかることもあったし、一週間かかったことが多くありました。
    すごいなあ、本当に、よくここまで這い上がってきたなあと、我が頭をナデナデしている毎日です

    リーマンショック以来、我が家の家計は打撃をくらったままです
    ボクシングなら、滅茶苦茶強力なカウンターパンチでした
    アベノミクス効果で昇給されるのは、大手企業や円安で利益倍増になったところ。
    減ったものは、増やされないまま。
    しかし、お給料から天引きされる諸々は増えています。
    消費税のアップも、ボディー、ボディーを攻撃してきています
    毎日の生活費のやりくりに精一杯です。
    早く働きたい。
    働けるようになって、自分でお金を稼ぎたい。
    焦ります。
    早く良くなりたい。
    早く、早く。
    少しでも楽になりたい。
    贅沢したいんじゃなくて。
    通帳を見て、
    「ああ、どうしよう、引き落とし足りるかな?」
    とか。
    冷蔵庫眺めて、
    「今日の晩御飯・・・この状態で・・・おかず、何をこしらえればいいんだ?」
    とか。
    悩まなくてもいいようになりたい。

    それでも、焦ってもお金は生まれてくれません
    今手元にあるお金に感謝し、家にある食料でご飯を作るしかありません。
    今在る幸せ、生きていられる感謝を胸に大切に抱きしめて、笑顔を忘れずに。
    愛情だけはたっぷりと詰めて、家族を抱きしめています。
    多分・・・・政治家の皆さんはあまりピンとこないのでしょうが、今の日本は我が家のような家庭が少なくないんじゃないのかなあ?と思う時があります。
    結婚していても、していなくても。
    子供がいても、いなくても。
    持ち家があっても、持ち家がなくても。
    我慢強い方々が、色々工夫して頑張って、それぞれの立場でそれぞれできることを。
    助けてもらえるところは助けてもらいながら、それに感謝と心苦しさを感じながら。
    生きていくのに精一杯、その日の暮らしを乗り切ることに全力を注いでおられるかも・・・と思うことがあります。

    しかし、そこに暴力が介在する場合は、また話が違ってきます。
    その方の命、そして尊厳、つまり人権が脅かされるからです
    悔しいし、悲しいことですが、暴力を振るう側が変わらなければ、暴力はなくなりません。
    暴力を振るわれる側が相手のために頑張っても、相手を勢いづけるか、調子づかせるだけです・・・・

    最近、夫が話してくれたことがあります。
    「自分のスイッチが入る瞬間が、分かったみたい」
    彼はDV行為に入る時、表情が固まります
    話しかけても暗い声で返答して、目がうつろになります
    イライラして、皮肉を込めた返答をするようになります
    無視したり、ふて寝をして動かなくなります
    舌打ちしたり、大きな動作をして自分が怒っていることを伝えることもあります

    「俺ね、そういうことをするのは、許されると思っていた。
    だって仕方ないじゃん、そうなっちゃうんだもんって、思っていた。

    家族が怖がるって分かっていても、俺はそうなるんだから我慢しろよって、思っていた。
    家族だから、それが当然じゃないかって。
    そういうのをすべて受け容れてくれるのが家族だろって、思っていた。

    でも、違うんだね。
    家族でも、怖いものは怖いし、嫌なものは嫌だよね。
    されて嫌で悲しいことは、しない方がいいんだよね。
    しないように頑張ったり、努力することは、家族が相手でも大事なんだね

    「君が、”私が疲れたからって不機嫌になって、ダンマリして睨み始めたら、どんな気持ちになる?そうなることは、私にも許されているの?私にも、そういう特権あるの?”って言った時、ハッとした。
    ああ、俺の特権スイッチ、それなんだって」
    「仕事や子供の相手とか、まあ色々で疲れててさ。でも、君も病気抱えながら頑張ってるのに、俺だけ休むわけにはいかないよなとか、思ってさ。ゴロッと横になりたいけど、ダメだよなとか思うと、休みたいけど何で休んじゃいけないんだよという自分と、休みたい何て思うのは情けないぞという自分が出てきて」
    「疲れてるんだからいいじゃねえかと思うけど、君に嫌われるかも怒られるかもと思うと嫌だなあと思うし、これくらいで疲れる自分は自分じゃない、俺はもっとたくましく強い男のはずだって思ったりもして。君が”疲れているなら、休んでね”という気持ちでいてくれるのは知っているんだよ。でも、勝手にそう思っちゃうんだよ。君がそう思っていても、本当はチクショウって思っているんじゃないか?とか、俺だけずるいって恨んだりするんじゃないか?とか」
    「段々、何で疲れている俺がこんなに色々考えているのに、君は何も察しないんだ。大体、君のために色々考えて悩んで、我慢して休まないでいるんだぞって、イライラしてきて。察して、”疲れたでしょう?横になって休んでね。私は何も気にしないから。あなたが休んで元気になってくれれば私も嬉しいわ”とか、言わないのかよ、とか。そのうち子供が話しかけてくるのにもムカムカしてきて」
    「こんなことでイライラムカムカしている俺は、俺じゃないはずなんだ。俺はもっと許容範囲が大きくて、優しくて頼りがいのある男で夫で父親なはずなのに。どうしてこんなことになるんだ。嫌だ、こんな自分は嫌だ。こんな自分が自分だとバレたら、君に嫌われる。離れられる。俺はたくましくて強い男なのに。どうしよう、どうしよう、どうしようって、思って」
    「こんなに俺が苦しんでいるのに、助けてくれない君が悪い。俺に”あなたは、たよりがいのある立派な夫よ”と今すぐに言って、安心させてくれない君が悪い。
    ああ、そうですよ、どうせまたこうなっちゃいましたよ。俺はダメダメ男ですよ。そうですね、どうしようもないですね。どうしてこうなっちゃうんですかね。何が原因で、誰が悪いんですかね。
    俺をこうしちゃう、お前が悪いんじゃないのか?そうだよ、お前が悪いんだよ・・・って、なっちゃってたけど・・・」

    「そうウジウジイジイジなること自体が、俺のスイッチなんだ。俺が許されていると勘違いしていた特権なんだ。
    家族のために考えて悩んでいるんだから、許されると思っていた。
    でも、違うんだ。家族のためになることじゃない
    「どうしたらいいのか、分かるよ。コミュニケーションに手抜きをしない。気持ちをちゃんと話す。こうしたいとか、こうして欲しいとか、そういうことを言葉にして伝える。
    俺が頑張らなくちゃいけないことは、悶々と黙って一人で穴倉に入ることじゃなくて。自分の気持ちを言葉にすることなんだ」

    彼の言葉は、多分。
    私が、ブログに書いてきたことでもあります。
    でも、とてもとても、大きな違いがあります。
    それは、彼が自分で気付いて、自分で話して言葉にしているということです。
    そのことは彼にとって、とても大きくて大切な「気付き」で。
    彼には、喜ばしいことだと思うのです。
    彼の人生を明るく照らす、彼自身の灯りを。
    彼は、彼の力で見つけて、手にすることができた。
    まだまだ何が起きるかは分からないけれども、少なくとも。
    彼は、彼自身を好きでいられるようになる「きっかけ」を見つけられたように思うのです。
    振り子は戻ったり、進んだりするものです。
    彼の振り子もまだまだ揺れると思いますが、彼自身の光を失わないように頑張っていって欲しいなあと思います

    どうか皆様、くれぐれもお身体大切にして下さいね

    頑張らなくていいですから、心身を休めてあげて、楽しい嬉しいと感じられることを一つでも二つでも見つけて、ご自分自身をギューッと抱きしめて、頭をナデナデしてあげて下さい

    いつもいつもありがとうございます
    くれぐれもご自愛下さいね

    よいお年を



















    スポンサーサイト

    • 2016.12.28 Wednesday
    • 10:25
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      >なな様、コメントをどうもありがとうございます!

      お辛いことを思い出されて大変だったでしょうに・・・ブログを読んで下さり、コメントまで寄せて下さり・・・本当にありがとうございます。

      ななさんが受けられた傷の深さを想像すると、私も涙ぐんでしまいます。
      辛かったですよね。
      悲しかったですよね・・・。

      ななさんの揺れるお気持ち、すごくよく分かります。
      私は、男性の特権意識を感じ取ると、ささやかなものであっても嫌悪感や怒りや悲しみが押し寄せてしまいます。
      また、女性であっても、男尊女卑の考えが激しい方や、特権意識からくる言動を発する方は、ものすごく警戒してしまいます。

      例え夫と離婚することになっても、もう男性と恋愛したりましてや結婚なんて想像できないなあ、とか。
      友人や親類、ご近所や学校、子供関係など、今の人間関係を良好に保つのが精一杯で、新しい人間関係なんて無理なんじゃないか・・・とか。
      そう思うことは、いつもです。

      でも、何処かで。
      傷ついて、それでも生きている私にしかできないことや、今の私だからこそ築ける絆があるかもしれない。
      そう、夢を見ることもあるのです。
      そのおかげで生きていられるような気がします。

      こうして、ななさんが勇気を出して、私に分けてくださった優しさが、生きる力を下さったように・・・。

      ななさん、焦らないで下さいね。
      ななさんは、優しくて強くて、あたたかい方ですもの。
      絶対に幸せになります。
      素敵な出会いもあります。
      どうか、ご自分の心身を労わり、大切にしながら、ゆっくりとパートナーを探して下さい。
      くれぐれも無理なさらず、辛い時は、カウンセリングやDV相談窓口で話を聴いてもらって、ご自分を一番にしてあげて下さいね。

      本当にありがとうございました。
      いつでも何処でもコメントして下さい。
      くれぐれもご自愛下さいね。
      ありがとうございます。
      • >つくしんぼ
      • 2015/02/10 8:02 PM
      はじめまして。DVのことを検索していてつくしんぼさんのブログを見つけました。
      つくしんぼさんのブログを読んでいて涙が出てきました。

      20代半ばで結婚を前提に同棲していた彼から精神的DVを受けていました。
      同棲するまで二年ほど交際していましたが、少し気が弱い所もあるけど優しくて弱い人の立場に立てる人だと思っていました。

      同棲開始後、彼は少しのコトで落ち込んだり怒ったりすると私を罵ってきました。
      「誰が養ってやってると思ってるんだ。俺に意見するか。自分が賢いと思っているのか、お前はバカだ。人形なんだから喋るな。お前は誰にも愛される価値がない。俺を馬鹿にしてるのか?!泣き真似は通用しない、やめろ!」
      それ以外にも性的に不快なコトを要求されてウンザリして徐々にレスになり余計に怒りを買ったようです。私が仕事をするコトについては反対していました。

      彼が怒りをぶつけてくる度に私はパニックや過呼吸をよく起こしてました。
      どんどん症状が酷くなったのに、何故か別れるのは嫌だと思ってました。

      今考えると完全にDVを受けていました。

      当時全くDVという言葉すら知らず、「結婚したら女性は我慢しなさい。男性を立てなさい」と育てられた為、従順さが足りない、我慢が足りないのだと自分を責めていました。

      すでにその彼とは別れていて、婚活中ですが無意識に男性のネガティブな要素を探してしまっています。嫌われないかばかり考えてしまいます。
      完全にトラウマになっています。

      結婚しても男性に支配される人生が待ってる、結婚は人生の墓場だと思う反面、優しい旦那さんと幸せな家庭を築いている友人達をみて自分も幸せになりたいと思っていました。

      つくしんぼさんが旦那様と共に関係を再構築する努力をしてみえることを知って、自分自身の在り方、パートナーとのコミュニケーションについて改善していこうという気持ちが持てました。

      いきなり長文の、しかも個人的すぎる内容のコメントをしてすみません。
      悲しい気持ちにすごく共感できて、しかも関係を終わらせるのではなく未来に進んでいるということに感動してました。
      ご自愛ください。
      • なな
      • 2015/02/10 3:40 AM
      >nami様、コメントをどうもありがとうございます!

      モラルハラスメントについての報道多めにされていたので、私もドキドキしていました。
      どれだけ理解が広がっているのか知りたくて頑張って見たりしましたが、分かる人は分かってくれるけど、分からない人は分からないまま・・・・が、多い気がしました。

      namiさん、色々思い出されてお辛いこともあったかと思います。
      それなのにブログを読んで下さりありがとうございます。
      体調は大丈夫ですか?

      namiさんが生きていて下さること、とても嬉しいです。
      それだけで、私も勇気がもらえます。
      悩むことや心配なこと、不安なことやまだまだ怖いこと、いっぱいあると思います。
      それでもnamiさんは、家族を守り、生活を守り、生きておられる。
      それだけで十分すごいことです。
      素晴らしい、誇らしいことです。
      その上、私にまで優しさを分けて下さって・・・。
      namiさんは、とても素敵です。
      ありがとうございます。

      どうかくれぐれもご自愛下さいね。
      ありがとうございました。

      • >つくしんぼ
      • 2015/01/22 10:43 AM
      >ていぞう様、コメントをどうもありがとうございます!

      脅されてお辛い状況の中、必死に踏みとどまり、ご自分と向き合おうとされるていぞうさんの勇気と誠実さ・・・すごいと思います。
      どうか頑張り過ぎず、緊張を緩める居場所や時間を確保して、ご自分を助けてあげて下さいね。
      命あってのていぞうさんの人生ですから、心身の安全を一番に考えてさしあげて下さいね。

      私の方こそ、ていぞうさんから、勇気や優しさや強さを教えていただきました。
      ありがとうございます!
      ていぞうさんが生きていて下さること、とても嬉しいです。
      ありがとうございます。
      どうかくれぐれもご自愛下さいね。
      本当にありがとうございました。


      • >つくしんぼ
      • 2015/01/22 10:27 AM
      つくしんぼさん、お元気ですか?

      ご無沙汰しています。以前よくコメント欄にお邪魔していた、nami(なみ)です。

      芸能界の年の差カップルの離婚騒動の報道で、モラハラのことが色々言われていて、
      そこから自分のことを色々と思い出して(パートナーとの時間や育った家庭のこととか)
      そういえば、つくしんぼさんのページを探してみよう、と思ったのでした。

      子供とともに家を出て、それなりに頑張って仕事をしているけれど、
      通帳を見てはハラハラしたり、独身時代の定期預金を切り崩したり、そんな毎日です。

      ここ最近、やっと心の調子の波もわかるようになって、落ち込んでいる自分を責めずに、
      都合よくバイオリズム(?)のせいにすることも覚えました。

      生きているだけでもう十分頑張っている!
      頑張って生き抜いてきたことだけでも偉い!それだけでも十分!
      って自分を褒めています。きっと大丈夫…と言い聞かせてます。

      なかなか自尊心が育つのは難しく、私はどうしても人との関わりが不安で引きこもりがちなのですが、

      きちんとパートナーさんと向き合われていて、こうやって公の場にも情報を書き込んでいらっしゃる
      つくしんぼさんは本当に素敵な力をお持ちの方だと思います。

      寒い季節ですが、つくしんぼさんもどうかご自愛ください。


      • nami
      • 2015/01/21 1:19 PM
      ブログを久しぶりに読ませて頂きました。
      少しずつでもいい方向に向かわれているのを拝見すると嬉しいです。

      私も夫からDVとモラハラに遭っていますが、
      カウンセリングや離婚を切り出すと私の知人を殺すと脅すこと、
      私の心の中に何か離れられない依存があること、
      私がある程度彼の暴力をコントロールできる状況であること
      (言い返さず謝り続け、責められ続けると収まるということですが…)
      などから、まだ一緒におります。

      怒りに狂ったり、彼と離れられない自分が嫌いになりすぎたり、死にたいと思ったり、
      自分を見失っていた時期もありますが、
      電話相談、警察への相談、数々の本、カウンセラーさんへの相談、
      そしてこのブログのお蔭で、もがきながら、逆戻りしながらも
      最近、少しずつ希望の切れ端らしきものが見え始めてきました。

      彼に理不尽なことをされると、自分の中の子供な部分が、彼の子供の部分を、
      一番やってはいけない方法で刺激していたことに気が付いてきました。

      彼の暴言ややったことは決して許せませんが、
      怒りを捨てること、まず自分の問題に向き合うことを心がけています。
      なぜなら、自分の身を守るのは自分なので。

      この先の挫折の回数を考えるとたまに心が折れそうですが、
      自分の弱み、問題に向き合いきりたいと思っています。
      彼の問題は彼の問題です。
      それから彼との生活を手放すか、続けるか、決めようと思っています。

      つくしんぼさんが書かれていること、
      勧めてくれた本からとても多くのことを得ることができました。
      心から感謝しております。
      • ていぞう
      • 2015/01/19 11:09 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
            1
      2345678
      9101112131415
      16171819202122
      23242526272829
      30      
      << April 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      パパと怒り鬼―話してごらん、だれかに
      パパと怒り鬼―話してごらん、だれかに (JUGEMレビュー »)
      グロー ダーレ
      苦しみを抱え込み、助けを呼ぶこともできない方に・・・そんな経験をされた方に。そして、暴力を選択せずにはいられない方に・・・そうしてしまったことがある方に。読んでいただきたい本です。

      recommend

      対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD
      対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD (JUGEMレビュー »)
      水島 広子
      今自分の身に何が起きているのか、教えてくれる良書だと思います。

      recommend

      いのちってスゴイ!赤ちゃんの誕生―おなかの中のドラマと生きる力 (知の森絵本)
      いのちってスゴイ!赤ちゃんの誕生―おなかの中のドラマと生きる力 (知の森絵本) (JUGEMレビュー »)
      大葉 ナナコ
      子供さんと読むのも素敵ですし、ご自分のために読むこともオススメです。

      recommend

      麒麟館グラフィティー (1) (小学館文庫)
      麒麟館グラフィティー (1) (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
      吉村 明美
      切ないという言葉では、片付けられない、沢山のことが詰まった作品でした。

      recommend

      あなたは変われる―言葉や態度に傷つけられた心を救う本
      あなたは変われる―言葉や態度に傷つけられた心を救う本 (JUGEMレビュー »)
      グレゴリー・L. ジャンツ
      夫婦関係だけでなく、親子関係のDVで傷付いた方にも、共感できる部分がとても多い本だと思います。淡々とした文章ながら、力強いです。

      recommend

      recommend

      recommend

      アドラー博士の男の子に「自信」をつける育て方
      アドラー博士の男の子に「自信」をつける育て方 (JUGEMレビュー »)
      星 一郎
      男の子のお母さんだけでなく、女の子のお母さんが読んでも、参考になる内容です。

      recommend

      暴力被害者と出会うあなたへ―DVと看護
      暴力被害者と出会うあなたへ―DVと看護 (JUGEMレビュー »)
      友田 尋子
      医療関係者向けに書かれた本ですが、DV被害者の心理についてとても分かりやすく書かれています。

      recommend

      おかあさんがもっと自分を好きになる本―子育てがラクになる自己尊重トレーニング
      おかあさんがもっと自分を好きになる本―子育てがラクになる自己尊重トレーニング (JUGEMレビュー »)
      北村 年子
      子育てに生かしたいという思いと同時に、自分を肯定できる力を取り戻したくて手に取りました。アタリ!な本でした♪

      recommend

      傷ついたあなたへ―わたしがわたしを大切にするということ DVトラウマからの回復ワークブック
      傷ついたあなたへ―わたしがわたしを大切にするということ DVトラウマからの回復ワークブック (JUGEMレビュー »)
      レジリエンス
      DV被害に遭った方へのバイブルかも知れないと思っています。
      書き込み式ですので、書きながら気付くこともあると思います。

      recommend

      あたらしい自分を生きるために―アサーティブなコミュニケーションがあなたを変える
      あたらしい自分を生きるために―アサーティブなコミュニケーションがあなたを変える (JUGEMレビュー »)
      森田 汐生
      辛い時、勧めて下さった方がみえて読みました。少し気が楽になりました。DV加害者相手に効果は期待できないですが、自分のためにはなると思います。

      recommend

      DV・虐待加害者の実体を知る―あなた自身の人生を取り戻すためのガイド
      DV・虐待加害者の実体を知る―あなた自身の人生を取り戻すためのガイド (JUGEMレビュー »)
      ランディ バンクロフト
      DV加害者である彼が、恐れている本です。DV加害者に混乱するDV被害者のために書かれた本です。

      recommend

      DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す
      DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す (JUGEMレビュー »)
      ランディ バンクロフト
      彼と別居して癇癪がひどくなった子供を理解したくて購入しました。
      とても役に立ちました。

      recommend

      Q&A DVってなに?―この1冊でドメスティック・バイオレンスまるわかり
      Q&A DVってなに?―この1冊でドメスティック・バイオレンスまるわかり (JUGEMレビュー »)
      番 敦子,根本 真美子,中山 洋子
      とても分かりやすい一冊です。
      初めて読む方に最適です。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM