スポンサーサイト

  • 2016.12.28 Wednesday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    キラーストレス

    • 2016.08.20 Saturday
    • 21:00

    更新が、とても遅れてしまい申し訳ありませんでした(>_<)。

    10年間使い続けたパソコンの調子が悪くなり、長文が打てなくなってしまいました。

    私自身も風邪をこじらせて、体調が戻らず・・・。

    でもようやく文章が書けそうな状態になりましたので、少しずつですが、書いていきたいと思います(^-^)。

     

    少し前、NHKのストレスについて特集した番組を見ました。

    命を奪うほどのストレスを「キラーストレス」というそうです。

    人間が、強い恐怖や深い悲しみなどを感じた時、心身を緊急警戒態勢にすることは、原始の時代からの自然な力なのですが。

    そのストレスがあまりにも強過ぎたり、繰り返されると、ずっと緊急警戒態勢のままになり、心身によくない状態を招きかねないそうです(+_+)。

    強烈なストレスを感じると、脳から緊急警戒態勢に入るよう、全身に命令が下されます。

    血管は緊張して細く硬くなり、血圧を上げます。

    心臓に血液をたくさん送ってすぐに動き出せるようにしようとします。

    その結果、動悸が激しくなり、息苦しさを感じます。

    体調が辛くなるので、ますますストレスが強くなります。

    どんどん不安も大きくなります。

    全身に、負担が広がっていきます。

    あまりの広がりに免疫機能が追いつかず、免疫力も弱まります。

    夜も眠れなくなります。

    眠ったら危険だと命令されてしまうからです。

    睡眠が取れないと体が休まりませんから、ますます免疫力は弱まります。

    不安も緊張も強まります。

    こういうことが繰り返される結果寿命を縮めかねない、そういうストレスを「キラーストレス」というそうです(x_x)。

     

    虐待行為は、キラーストレスそのものと感じます。

     

    番組では、辛かったら遠慮なく、心療内科、精神科にかかること。

    医師と相談しながら、「自分が楽しいことリスト」をつくったり、「マインドフルネス」という宗教性を外した瞑想をすることを紹介していました。

    深く深呼吸するだけでも、落ち着くことがあるそうです。

     

    私の経験ですが、襲いかかるよみがえる恐怖の記憶には、

    「これは過去のこと。今は関係ない」

    と、言葉に出して、何とか涙や震えを止めることができたこともありました。

     

    ストレスは、在ることが当たり前だそうです。

    適度なストレスは、人を成長させてくれるそうです。

     

    でも。

     

    人の命を脅かすストレス。

     

    そんなストレスを人に与えること。

    自分は与えていい、与えることを許された特権が在る。

    そういう考えは、「当然」ではないし、間違っていると思います。

     

    私も「キラーストレス」に負けないよう、一日一日を大切に生きていきたいです。

    どうか皆様。 頑張ってキラーストレスと闘い、今も闘い続けておられるご自身を・・・いっぱい褒めて抱き締めて差し上げて下さいね(*^-^*)。

     

    読んで下さりありがとうございました(^-^)。

    毎日暑い日が続いておりますから、くれぐれもご自愛下さいね(*'▽'*)。

    ありがとうございました(*^_^*)。

    スポンサーサイト

    • 2016.12.28 Wednesday
    • 21:00
    • 0
      • -
      • -
      • -
      コメント
      9月のブログを拝読しました。
      体験した傷は違いますが、お気持ち、お察しします。
      特に「望んでしまう」「夢見てしまう」という部分には涙が出ました。

      私は暴力を受けた相手が、特定の地域の方なので、その地域の方全般が苦手になりました。
      個人的に感性が合う方は別なのですが、
      県民性というか地域色が強い(つまり一個人のアイデンティティではなく、地域をアイデンティティとしている方)方はもう男女ともに苦手です。


      私と違って
      つくしんぼさんはきちんと向き合って、恐怖を伝えたり、「こうして欲しい」と言ったりして、本当に尊敬します。


      自分は加害者にはもう求めることはできないし(求めても相手が答えないし無視されていますから)、
      この地域の方に対しても
      加害者を加害者として野放しにしていて平気な地域性だから
      期待や信頼を再び持つことはできないので、
      向き合うことすらも嫌です(この地域自体を去ることを今考えてます)。


      今は
      特に辛いとき
      言葉にすることすらできず
      つくしんぼさんのブログは
      自分の気持ちを映してくれているようで読んでいて安心します。
      安心だなんて変かもしれないけど
      DVを受けてから周りの人間、本当に信頼できる人
      心を開ける人が本当に居なくなったから
      つくしんぼさんのブログは私の安全地帯です。
      9月のブログにはコメントが付いていたから、お邪魔したくなかったので、こちらに書きました。
      • 2016/09/12 8:45 PM
      >京様、コメントありがとうございます。

      孤独だと思うと、嬉しいことがあっても、不安になることありますよね。

      くれぐれも心身お大事にして下さいね。
      • >つくしんぼ
      • 2016/08/27 10:07 PM
      コメントに気付かず、ごめんなさい。お知らせくださって本当にありがとうございます。


      つくしんぼさんに「おめでとう」と言ってもらって、初めて「嬉しい」と実感できました。。ありがとうございます。

      自分一人だと、合格の出来事さえ、過去の出来事に繋げてしまい嫌な気持ちに陥ってしまいます。

      本当にお返事ありがとうございます。
      • 2016/08/27 3:16 AM
      >京様、コメントありがとうございます!

      合格おめでとうございます。
      ものすごく大変だったと思いますし、心身の痛みとの闘いも激しかったと思います・・・。
      今は、人身をすこしでも休めて下さいね。

      ありがとうございました。
      • >つくしんぼ
      • 2016/08/22 10:19 PM
      コメントする








          
      この記事のトラックバックURL
      トラックバック

      PR

      calendar

      S M T W T F S
          123
      45678910
      11121314151617
      18192021222324
      252627282930 
      << June 2017 >>

      selected entries

      categories

      archives

      recent comment

      recommend

      パパと怒り鬼―話してごらん、だれかに
      パパと怒り鬼―話してごらん、だれかに (JUGEMレビュー »)
      グロー ダーレ
      苦しみを抱え込み、助けを呼ぶこともできない方に・・・そんな経験をされた方に。そして、暴力を選択せずにはいられない方に・・・そうしてしまったことがある方に。読んでいただきたい本です。

      recommend

      対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD
      対人関係療法でなおす トラウマ・PTSD (JUGEMレビュー »)
      水島 広子
      今自分の身に何が起きているのか、教えてくれる良書だと思います。

      recommend

      いのちってスゴイ!赤ちゃんの誕生―おなかの中のドラマと生きる力 (知の森絵本)
      いのちってスゴイ!赤ちゃんの誕生―おなかの中のドラマと生きる力 (知の森絵本) (JUGEMレビュー »)
      大葉 ナナコ
      子供さんと読むのも素敵ですし、ご自分のために読むこともオススメです。

      recommend

      麒麟館グラフィティー (1) (小学館文庫)
      麒麟館グラフィティー (1) (小学館文庫) (JUGEMレビュー »)
      吉村 明美
      切ないという言葉では、片付けられない、沢山のことが詰まった作品でした。

      recommend

      あなたは変われる―言葉や態度に傷つけられた心を救う本
      あなたは変われる―言葉や態度に傷つけられた心を救う本 (JUGEMレビュー »)
      グレゴリー・L. ジャンツ
      夫婦関係だけでなく、親子関係のDVで傷付いた方にも、共感できる部分がとても多い本だと思います。淡々とした文章ながら、力強いです。

      recommend

      recommend

      recommend

      アドラー博士の男の子に「自信」をつける育て方
      アドラー博士の男の子に「自信」をつける育て方 (JUGEMレビュー »)
      星 一郎
      男の子のお母さんだけでなく、女の子のお母さんが読んでも、参考になる内容です。

      recommend

      暴力被害者と出会うあなたへ―DVと看護
      暴力被害者と出会うあなたへ―DVと看護 (JUGEMレビュー »)
      友田 尋子
      医療関係者向けに書かれた本ですが、DV被害者の心理についてとても分かりやすく書かれています。

      recommend

      おかあさんがもっと自分を好きになる本―子育てがラクになる自己尊重トレーニング
      おかあさんがもっと自分を好きになる本―子育てがラクになる自己尊重トレーニング (JUGEMレビュー »)
      北村 年子
      子育てに生かしたいという思いと同時に、自分を肯定できる力を取り戻したくて手に取りました。アタリ!な本でした♪

      recommend

      傷ついたあなたへ―わたしがわたしを大切にするということ DVトラウマからの回復ワークブック
      傷ついたあなたへ―わたしがわたしを大切にするということ DVトラウマからの回復ワークブック (JUGEMレビュー »)
      レジリエンス
      DV被害に遭った方へのバイブルかも知れないと思っています。
      書き込み式ですので、書きながら気付くこともあると思います。

      recommend

      あたらしい自分を生きるために―アサーティブなコミュニケーションがあなたを変える
      あたらしい自分を生きるために―アサーティブなコミュニケーションがあなたを変える (JUGEMレビュー »)
      森田 汐生
      辛い時、勧めて下さった方がみえて読みました。少し気が楽になりました。DV加害者相手に効果は期待できないですが、自分のためにはなると思います。

      recommend

      DV・虐待加害者の実体を知る―あなた自身の人生を取り戻すためのガイド
      DV・虐待加害者の実体を知る―あなた自身の人生を取り戻すためのガイド (JUGEMレビュー »)
      ランディ バンクロフト
      DV加害者である彼が、恐れている本です。DV加害者に混乱するDV被害者のために書かれた本です。

      recommend

      DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す
      DV・虐待にさらされた子どものトラウマを癒す (JUGEMレビュー »)
      ランディ バンクロフト
      彼と別居して癇癪がひどくなった子供を理解したくて購入しました。
      とても役に立ちました。

      recommend

      Q&A DVってなに?―この1冊でドメスティック・バイオレンスまるわかり
      Q&A DVってなに?―この1冊でドメスティック・バイオレンスまるわかり (JUGEMレビュー »)
      番 敦子,根本 真美子,中山 洋子
      とても分かりやすい一冊です。
      初めて読む方に最適です。

      links

      profile

      search this site.

      others

      mobile

      qrcode

      powered

      無料ブログ作成サービス JUGEM